気軽に茶道をしてます。

「蓮始開」候に名水点で「水牡丹」を ()
小暑、次候7月12日から156日は『蓮始開・はすはじめてひらく』、 蓮の花が咲き始める頃。薬師寺さんの蓮も咲き始めているでしょうか。 2015.7 奈良市の西方に佇む西大寺・喜光寺・唐招提寺・薬師寺は蓮の花が 有名な古刹で、お寺を繋ぐ歴史の道は夏のひと時の間『ロータスロード』 と呼ばれています。 梅雨のどんよりとした空の色に蓮の清らかな透き通った色は、誰もが 救われる気がしませんか。 奈良もそんな梅雨空の下、まだ一週間続きそうな予報で、 今月のお稽古は、お知らせし通り「名水点」を  今日のお稽古での一番目の名水は、奈良大峰山の麓、 天川村洞川『ごろごろ水』です。 この面白い一度聴いたら忘れない名称は、役行者が大峯山より 下山のみぎり、この場所で水を召された際、洞窟の奥より小石が 転がるような音を反響させながら流れ出る清水の様子からだとか。 二番目の名水はサントリ-山崎の麓、水瀬神宮『離宮の水 山崎の地は昔から名水の里として知られ、室町の時期に山崎宗鑑が お茶をたてていらしたと、そして特にこの水を広く知らしめたのは わび茶で知られた茶聖と呼ばれる「千利休」で、山崎に「山崎屋敷」 を構えていたと伝えられ、その茶室待庵(国宝)が今も現存しており、 利休居士は、山崎の竹林から湧き出る水で茶を点てたと言われている。 よい名水を用意していただき、美味しくお濃茶いただきました。 今日の主菓子は、『水牡丹』 葛で餡を包んだお菓子なので一昼夜冷蔵庫で保存できませんし、 冷凍も無理ですので、朝から頑張って作りました。 頑張ったかいがあり「美味しい、おいしい」と言っていただけました。 万歳!最高!
>> 続きを読む