気軽に茶道をしてます。

明日の桜鯛に昆布茶を ()
もう明日が茶事、今朝は30数年来の茶友と待ち合わせをして 懐石膳の買い出しに、そして自宅に戻り下ごしらえの予定に、 車で出る間際”助っ人を連れて行くよ”と連絡が・・・、 その方は料理教室をされていたのですが、今は休養中、 今日と、明日の茶事に台所方としても来て頂けると、 どんなに嬉しいかったことでしょう。 午後二時に24.7℃と、もう一息で夏日を迎え、霞む奈良若草山  14時 台所も火も入り暑くなるも、三人揃えば賑やかな中、 教えて頂いた一つのコツ、「焼鯛」の前日の『鯛の下ごしらえ』 お正月にも使えますよとのこと。 この季節ですので桜鯛になりました。鱗を取り 片身の真ん中に包丁を入れ、六人分を、最後は小さいので 大きめにして三等分の目安を考え、包丁を入れます。  次に骨に沿って包丁を斜めに射し入れ、同様に次も・・・ さらに裏返し、同じことを・・・、 出来上がれば、良くキッチンペーパーで水分をとります。 そして次、なんと昆布茶を均等にふりかけて一晩冷蔵庫で あとは次の日に焼くだけです。 私は今年のお正月は、塩麹をしていたのですが・・・ 楽しみになりますね。
>> 続きを読む